金買取でお小遣いを手に入れる

貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。

買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合も何らかの形で身分確認をしなければなりません。

免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。

郵送した商品を査定してもらう場合は、免許証などをコピーして同封することで確認に変えるのが一般的です。

原則として、18歳未満の子供は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。

さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店が独自に制限を課している場合があり、成年に達するまでは古物売買の利用はできないところがほとんどです。

たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、親の同伴か、同意書の提示が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。

今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどの売却時には、以下の内容を頭に入れておいてください。

金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、どこに持っていくかによっても買取額や手数料などの諸条件がかなり差の付いたものになるという事実です。

お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、お店選びをじっくり検討してください。

金の買取を利用する上で、気にすることは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。

買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかを厳しくチェックしてください。

レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は利用しないほうがいいでしょう。

素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、事前に入念に確認することが大事です。

金買取のシステムは店によって千差万別です。

鑑定料、手数料などといった諸費用を有償で設定している店もあります。

その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。

買取時、こういった費用を取る店だったら、当然、そのぶん現実に買取額として受け取れる金額は随分減らされてしまうのです。

上手いこと騙されてるような気がしますね。

後から損した気分にならないためにも、この点を確認しておくことをお勧めします。

リーマンショック以降、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。

ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、ためしにgoogleなどで検索してみても、買取ショップの広告がごまんと出てきます。

どうせ不要の品物を売るのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したという何とも残念なケースがままあると聞きます。

実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。

最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、代わりに使われるようになったものです。

日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。

K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドだという証です。

ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。

一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。

カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。

金の純度が100%未満であれば、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。

18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。

金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと色々な種類があるのです。

買取店に金製品を持ち込む際に、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこではアクセサリーをはじめとして色々なものを現金化することができるのです。

「金の買取」などと言うと、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品を思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。

金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。

金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯にも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。

金の相場が上がっている近頃、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、市場の拡大に合わせて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。

複数の系列店を出すところも増えているようです。

自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。

店員の接客の質までも上がる可能性があります。

買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。

貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかはあまり知られていないのではないでしょうか。

一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。

百年ほど前は今よりもっと顕著でした。

それには、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさが多分に影響しているのです。

人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。

プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、生産量や流通量のあまりの少なさが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。

先日、祖母が鬼籍に入り、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。

最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。

査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、素人の私にも優しい印象でした。

肝心の金額も予想以上のもので、思い切って利用してみてよかったです。

ここ数年、金の市場価値が上がり続けているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。

金を売ったら、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によってはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。

売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。

金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、実質的には税金は課されないということです。

最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際にはいくらで売れるか誰もが気にしますが、金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。

金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、実際の買取額もそれに応じて変わります。

そのため、少しでも高い金額で売りたいと思う方は、テレビやネットの情報に目を光らせ、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることを意識しましょう。

金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも貴金属と同様に扱われる金製品が案外多いものです。

その代表的なものが金歯です。

金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。

豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。

タナボタ感覚でのお小遣いも夢ではないので、作り直しなどでもう要らなくなった金歯があるなら、迷わず買取に出してしまいましょう。

関連ページ